確定拠出年金をSBI証券に決めた理由

6月ですね もうすでに今年も半分近くまで終わってしまいました

なんだかほんとに早いですが 私が確定拠出年金を知ったのは去年

そして重い腰を上げたのが今年の正月休み

年末の激務を何とか終えて、歳の瀬の家事を終わらせ、

やれやれといった 元旦の夜、確定拠出年金に本格的に取り組んだわけです

年末くらいから少しずつ調べてはいたんです

小田原方面居住の友人(自営業)がメインバンクのスルガ銀行で

すでに 確定拠出年金やってるよ、手数料安いよっ!

と言うので、調べたり 本も買いました

こちらです

年利15%でふやす資産運用術  竹川美奈子 著

私の場合、個人型DC 401k というものになります

勤務先で確認したんですが、

しばらく導入の予定はないということでしたので

個人での加入に踏み切りました

決め手は、所得から拠出金全額が控除される、という点です

所得税はもちろん、次年度の住民税までもが安くなるわけです

自分のために加入しているのに税金が安くなるんです

(それを計算すると年利15%になる、ということらしいですが)

ただし、60歳まで解約したり引き出したりはできません

投資信託ですので、コストがかかるわけですが

DC(確定拠出年金)の場合は安く設定されていることが多く

いちばん安いのはスルガ銀行でした(平成25年2月現在)

次いでSBI証券(平成25年2月現在)

SBI証券は資産残高が50万円以上にならないと、

安くはならないのですが 50万円以上になれば、

スルガ銀行と同じ年間1956円です

ではスルガ銀行のがいいのでは?

はい、しかし

SBI証券の方が運用商品がそろっており、

私が選びたい商品がスルガ銀行には なかったんですよ

コストと運用商品の観点から、

そしてネットでの利用がしやすい、わかりやすい というところで、

SBI証券に決めました

1月の末にSBI証券から手続き書類が到着

※これはネットで申請するとすぐ届きます

2月の始めに勤務先に提出して印をもらいます

※公的なものなので会社の証明が必要

2月15日までに到着するように手続き書類を返送

3月中旬ごろ、国民基金連合会より加入確認通知書が郵送で到着

3月末より拠出開始 (指定口座より引き落とし)

4月初旬 初めての信託買い付け

だいたいこんな感じでした

思っていたよりずっと、時間がかかるものです

もっと早く始めればよかったです

私はアラフィフなので、60歳までたいした期間はないんですよね(^_^;)

若い方にはぜひ、早急に加入されることをお勧めします

ほんとにです

ネットで常に資産状況は把握できますし

運用内容も簡単に変更できるようになっています

今のところ、SBI証券にしてよかったなあと思っています

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です