新興国投資、するべきか?否か?

中国株の影響で、新興国投資がたいへんなことになってるようです

下がってると言うことは、買い時?どうなんだろう?

スポンサーリンク

安いときに買って高いときに売る、がセオリーだけど

株も投資信託も、基本は同じと思いますが

インデックス投資、長期投資の場合は、基本得ることを前提にしていないし

買うときも、安い高いで判断して買うのではないので

アセットアロケーションに従って、買うなら買う、買わないなら買わない、

ということでしょうか

分散投資ということなら、新興国も入れて投資するべきかも?

超簡単お金の投資術との出会いから始めた投資なので

山崎 元さんの、有名なこの投資本と出会ったことから始めたインデックス投資なので

1年は、これでやってみようと思っています

これ、とは・・・

日本株式と外国株式のインデックスファンドを50%ずつ、というものです

(日本株式は、本ではETFとなっていますが、現在私は日本株式インデックスを買っています)

もしも、本格的分散投資をめざすならば、バランスファンドがいいのではない?

と最近思い始めました

ひとたび何かが起こったときも、新興国がだめでも他でカバーしてくれる

しかもリバランスなしでOKなわけで

今のところ、教科書どおりでわりといい感じだと思いますが

様子をみながら、少々ほかも、買い足したりしたいと思っています

SBIのキャンペーンのために購入したニッセイ日経225 インデックスも

じつはまだ売却してません

キャンペーンのための積み立ては解除したけど、これはこのままホールドでいいかな?

新興国とリートはもう少し勉強したら買おうかなと思っています

なにがあるかわからない世の中、やはり一括投資は怖すぎる

(かなり損失出た投資家さんもいるようで)

積立する外国株式のファンドを

SMTグローバルから、ニッセイ外国株式インデックスに替えたとたん

ニッセイが下がって、買ったばかりなのにマイナス・・・(^_^;)

ま、そんなこともあるよね (長い目長い目)

だからつまりは、分散投資がいいってことよね

下がるのもあれば上がるのもある

予想はできないんだから、いくつかに分散させる、と

全体のトータルリターンが、銀行の利息なんか

蹴っ飛ばすくらいなんだから、これからも粛々と積み立てますわ

(暴落に備えて、現金にしておくのも機会損失と言われますけども)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です