年収600万円でも破綻家計の謎 生活苦を回避する知恵とは

毎日、夫からのスマホについての

質問攻撃に合っているmomokoです、こんばんわ

もう・・・ほんとにどうにかならないですかね(^_^;)

スポンサーリンク

年収600万円以上でもバイトをしないと生活できない?

今やサラリーマンの平均年収は400万円台とも言われているらしいですが

この記事(年収600万円でも生活破綻という記事を貼っていましたが現在は閲覧できません<(_ _)> )
を見て、まあびっくり

この方、手取り月収が53万円もある!

それなのに、なんでアルバイト??どうして?

この謎の答はやっぱり住宅ローン

これが家計に重くのしかかっているのです

うーん、これはね、簡単に引っ越せだの、高額なローン組むのが悪いだの言えない(^_^;)

手放しても負債を抱えるだけのが多いだろうし

難しいですよね

そして、私が注目したのは、学費家庭教師代の20万円!

子ども3人とはいえ、かけすぎです!!

個人の自由と言えばそれまでですが、このためにお父さんが過労で体調壊したら

もっと子供は不幸になりますよ

気持ちはわかります

私も、貯金もないくせに息子の塾代、大学の学費(浪人して留年もした)

払いましたからね

ついつい、これだけは出してあげちゃう人、多いですよね

私の場合も、自分が金銭的な理由で行きたくても行けなかったので、

お金がないから大学はあきらめて、とだけは言いたくなかった

それに、うちは男子なもんで、大学は行かせたいと生まれたときから思っていて、

本人が勉強嫌いだから行きたくない、と言わない限り進学させるつもりでした

でも、わたしは少しだけ、後悔しています

子供は思ったようには育たないですから

子供には子供の事情もあって、親が思い描くような「そこそこの会社に勤める

普通のサラリーマン」にもなってはくれなかったですし

まあ、本人の人生なのでこれからは自分でやっていってくれればいいですけどね

体壊してまで働いて学費を作っても、それほど子供はあてにならないし、

また、あてにしてもかわいそうかもしれないです、今の時代は

子どもに今の現状を伝えて、生活のしかたを見直していく

親は健康でいて、自分たちの老後の生活を考えておいた方がいいです

子供には家の経済事情を説明して、

「奨学金が受けられなければ大学はあきらめる」

「学費は半分出すから、のこりは自分でバイトして払う」

「家から通える大学しか行かせられない」

「本人負担のローンを組むなら、入学金だけは払ってあげる」

など、進学できる道を相談しながら、いっしょに考えるなどすれば

子供も家の経済状態を認識しやすいでしょう

子供ってけっこう、はっきり言わないとわかっていなかったりします(困窮してることを)

父親としては苦しい立場でしょうが、家族みんなの幸せのためです

そして、生命保険や光熱費や通信費、車費などの見直しで数万円、支出を減らして。

少しだけアルバイトをすることにすれば

だいぶ健康的にくらせるのではないでしょうか?

おとうさんの健康は大切です

結局、生活苦にならないために大切なのは

我慢することではなくて

選ぶこと、だと思うんです

53万円の手取りから、住居費20万円引くと、残り33万円

これにバイト代3万円くらいプラスで36万円

これで生活できるようにするためには、必要なものに優先順位をつけていけばいい

(食費が見当たらないけど、雑費の中に入っているのでしょうか)

のんきに育ってしまった子供たちに、現状をしっかり伝えることが、最初にするべきことかもしれません

少ない生活費を最大限に生かして、やりたいことをするにはどうすればよいか?

どれを選択していけば可能になるのか?

自分がそうしなくて後悔したので、これからの方には、この方法をご提案します

子供には、家にお金がないことをはっきり伝えましょう

莫大な学費や車と、自分の健康、どちらを選ぶのか

将来、病気の両親を抱えるほうが子供にとってはつらいのではないでしょうか

(うちも私大なら奨学金借りてね、と言って借りられたのはよかったのですが、留年したので奨学金はストップされ、後の学費は私が半分、本人が半分アルバイトで捻出 留年すると

こうなります、参考まで)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です