定年退職した夫が毎月支払う保険料と税金はいくら?

今夜はふるさと納税のお礼、まぐろのお刺身をいただきました

とっても美味しかった(^O^)

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

税金と保険料等を払うと残りは?年金生活はどうなる

退職して、アルバイト収入はあるものの、収入が減ってしまった夫ですが

税金や保険料の支払い通知書は次々と届きます(^_^;)

これがけっこう高いんです

うちの夫の収入わかってるのかな・・・

介護保険料    57,937円   27年10月~28年3月分

国民健康保険料  75,670円   27年8月~28年3月

住民税      46,400円   27年度分残り

合計180,007円  1カ月平均支払額 22,500円

27年10月 夫収入

年金収入  58,649 (実際には2ヶ月分まとめて振込されます)

労働収入  75,000

合計   133,649

差引 111,149円

意外と使えるんじゃない?

年金が少なくても、収入があれば、これ私なら余裕だなあ

家賃5万円払っても、6万円もある!

(これを余裕とみるかカツカツとみるか、は人それぞれでしょうが)

これなら、この段階ではまだ

貯蓄を崩さなくても生活できそうです

今後の働き方と生活、予算など自分の場合を考えてみる

この夫のケースを踏まえて、自分の場合を考えてみると・・・

つまり、65歳まで、今の職場で頑張って貯蓄に励み

65歳からは年金貰いながらセーブして働いて(健康に留意しつつ)貯蓄を崩さずに暮らし

70歳くらいでほんとうにリタイアするまで運用を続ければ

なんとかなりそう?

まあ、あくまでも健康で、仕事が続けられたとしてですが

①定年までにどのくらい貯蓄できるか

②定年後、貯蓄を崩さずに暮らせる期間はどのくらいか

(何らかの収入と年金で暮らせる期間)

この2つが最重要ポイント

少ない金額で余裕を持って暮らせる生活力も、もちろん戦力のひとつ

だんだんエネルギーがなくなって、できることも減っていくかもしれない

ので、そこも考慮しなければなりませんが

夫婦ともに健康で、なるべく長く働くことができれば

なんとかなりそうと、思えてきました(^O^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です