家計簿をつけて貧乏になる人、金持ちになる人の違いとは

家計簿をせっせとつけているのに

なぜ、お金がないんだろうと思ったことがありますか?

私はあります

momokoです、こんにちは

スポンサーリンク

毎日、家計簿をつけているのになぜお金がないんだろう?

出産をして専業主婦をしていた頃、毎日必ず家計簿をつけていました

使途不明金は、思い出すまで悩んで、きっちりとつけて

毎月集計していました

毎年、各費目ごとの予算もたてて、年末には年間の予算達成率まで

計算し、エンゲル係数まで出していました

それなのに、うちはいつもお金がなくて、予算立てにも苦しみました

元の収入が少なすぎて予算がたてられない(笑)

被服費とか交際費とかは、たいてい年間で3000円とかになっちゃう

ありえない(笑)それで、つまりは予算立ての時から実質赤字です

家計簿つけること自体がストレスで、毎日とてもつらかったですね

なぜ、うちはこんなにお金がないんだろう?

といつもいつも思っていました

※そのときは夫の収入は、多くはないですが普通でした

今から考えると無駄なことにお金を払っていましたが

その時の私はせいいっぱい節約しているつもりだったのです(^_^;)

固定観念を捨てて、お金の使い方を考えなければ家計簿をつけても意味がない

家計簿を集計しながら、もうどこも節約できるところなんてない

と泣きたい気持ちでした

でも、今の私が、その時の私にアドバイスできるなら言ってやりたい

「保険を見直して!掛け捨てでいいから、月5000円でいいから!

年に20万円も保険料を払ってはだめだよ!生協の保険を探してみて!」

「もう少し厚着をして、昼間はヒーターを消してみて。ガス代が減るよ!」

「お米はコシヒカリじゃなくていいから、値段を落として生協で買ってみて」

「子供と二人のお昼は、前の晩のおかずをとりわけてお弁当みたいにしてみたり

その残りものを活用してみて」

などなど、もっといろいろ教えてあげたい

頼れる身内もいない子育てで、母の病院にも通わなければならなかったし

自分ではいっしょうけんめいやってたつもりですが

へたくそでしたね、家計管理が

保険は普通に大手の保険会社の、保険のおばちゃんから入るものだと思っていましたし

買い物にもあまり行かれないので、割高でも生協で共同購入していました

(それでママ友もたくさんできましたが)

子育ては薄着がいいと聞いて薄着にして、ヒーターをつけていました

自分の頭で考えてみれば、もっともっとなんとかできたと思います

固定観念が強すぎたんですね

今はむしろ、少しでもお金を使わない方法を積極的に試していますが(笑)

あまりにストレスで病気になったわたしは、さらに貧乏になり

その後ざっくりとしか家計簿をつけない時期もありました

家計簿をつけてお金持ちになる人とはどんな人?

家計簿をつけて、収支を把握して、それを生かせる人がお金持ちになる人だと思います

ただ、いくら入っていくら出て行って、いくら残った、と記しているだけでは

絶対にお金持ちになれません

年間の支出の見通しから、まとめ買いできるものはしておいたり、優先順位をつけて

購入するなどして赤字を出さないで貯金をキープする、とか

あらかじめ大きな支出がわかっていれば、その期間だけなにかをあきらめる、とか

なにかのレベルを下げる、とか方法を考えます

または支出に備えて副収入を確保する、などです

しかし

偉そうに書いているわが家こそ、現在は家計簿を生かせているのか?

はい、わが家は収入が不安定なので予定は立てない主義なんです(笑)

現在のところ、とにかく支出をおさえる、必要なものにしかお金を出さない

というハイパー貯蓄運営をめざしています(あくまで、めざす方向で 笑)

わが家のように今が貯める時、と割り切っている家計はもちろんですが

大切なのは、どこにお金を使うか、どこに使わないか、自分で考えて

いちばんいい方法を選ぶということじゃないでしょうか

家計簿はそのための道しるべ、ガイドみたいなもの

ガイドがないと迷ってしまいますからね

多少の不明金のために貴重な時間を使うのはナンセンスです

ざっくりとでOK

家計の収支を把握するために家計簿をつけて、お金持ちになりましょう(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です