65歳夫の転職活動 今年の家計はどうなる?

Tくん関連、やっと希望が見えてきたので

久しぶりに美容院に行ってパーマをかけたりして

浮かれている間に

ダンナさん65歳はせっせと転職活動をしていました

momokoです、こんばんは

スポンサーリンク

65歳という年齢で転職はできるのだろうか

うちのダンナさんは、免許を持っている調理師です

21歳からずっと調理師をやっていますので

腕に自信は持っています

しかし、勤務先が倒産したり、店主がほかの業種に鞍替えしたり

さまざまな理由で、何度も転職しています

収入も多いとは言えなかった・・・・

でも、まじめな仕事人間で、しかも調理師という仕事が好きなので

収入が途絶えたことはもちろんありません

長年がんばって働いてくれたので、ほんとうはもう年金だけで大丈夫!

って言ってあげたいのですが

なんといっても年金の金額が少ないので、できる限り働いてもらわないと

生活ができません

65歳ですから、今現在の短時間労働、週休2日の職場でちょうどいいと

思うのですが

いろいろ我慢できないと言って、ただ今転職活動中

電話で面接のアポイントを取るにも、年齢で断られることもあるらしく

落ち込んでいることもあります

働くのは本人なので、しかたないですが

わたしは、今くらいの働き方であと5年ほど頑張ってもらえれば

いいかなあと思っているのです

健康が大切ですし、やはり少々、若いころみたいにはいかない部分が

垣間見えるので、今さら無理をして辛い思いや悔しい思いをしないで

ほしいと思うのです

収入が少なくなった場合に備えて、シュミレーションをしてみる

家計におけるダンナさんの受け持ち分は15万円です

私は10万円 息子3万円 計28万円でできればよし

夫が私より5万円多いのは

車費、社会保険、こづかい、保健衛生費(サプリ)などがあるからです

その分を減らせれば、彼も10万円でいいので年金も少しだけどあるし

無理して長時間働かなくても大丈夫なはず

老後貧乏にならないために生活費を考えてみた
今日も表向きはのんきに、格安サイダーを飲みながら ジャックの身を案じていたmomokoです、こんばんわ 老後の生活費...

こういう心づもりができるのも家計簿のおかげ

(ただし、不測の事態はいつでも起こる)

家計簿はただ支出を毎日つけているだけではあまり役に立たないです

見直して、無駄を探したり、

いくらあれば生活できるか考えたりしないと

家計簿をつける時間がむだになります

考察の結果、今年の家計はさらに締めていかないとだめかな

副収入もないとだめかな

ということがわかるわけですね、はい(^_^;)

ダンナさんは、フルタイムで働くつもりらしく、ちょっと心配なのです(>_<)

(どうやら明日、面接がひとつ決まったようです・・・)

無理のないように続けられる仕事についてくれるのが

いちばんいいんだけどな

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です