インデックス投資にしてよかったところと悪かったところ

あいかわらず、ダンナさんと休みがいっしょだと

無駄に疲れる・・・・

出かけたくなるところですが出費が増えるのも

馬鹿らしいし、もうすぐTくん関連のお出かけも

ありそうなので我慢我慢(^_^;)

momokoです、こんにちは

スポンサーリンク

インデックス投資を始めて1年弱 よかったところ悪かったところを考える

たったの11カ月くらいですが

けっこうな上がり下がりを経験した気がします(自分としては)

春、高いところで買い始め

夏の終わりにチャイナショック・・・・

そしてちょっと戻ったところで年明けからどんどんと下がり・・・・

しかし

チャイナショックで下がったときには青くなったんですが

それで学習したというか慣れたというか

下がったものは上がり、上がったものは下がり

という感じがなんとなくわかりました

それが、繰り返されて少しづつ全体が上がっていく、というのを

経験したいわけですが

それは長期的に続けていけば実感できていくのでしょうね(たぶん)

そう、たぶん 

などとのんきに言えるようになった、これこそが私の進歩じゃないでしょうか(笑)

現在もトータルリターンは-12%くらいだと思いますけど、

こんな時こそ、投資信託を積み立てて口数を稼いで、相場の上昇を待ちましょう

ってことですね

この、待つってこと、待てるってことが大切で

つまり、これは今すぐ必要なお金でやっちゃいけないことなんですね

今、ここで現金に変えたら(売却することになったら)確実にマイナスで、確実に損を

するわけですから

そういうお金は、はじめから投資に使ってはいけないわけです

生活防衛資金と言われるお金はちゃんとキープしているので

投資してるお金は、育つまで見守れるわけです(育たない場合もあることはある)

あるいは生活防衛費をそれほど持たず投資の割合を大きくして

もしもの時は、信託を躊躇なく必要なだけ売却すればいい、という考えもあります

資産全体に対する、生活防衛費の割合は人それぞれですね

私はリスクにさらさないお金が大切なので

投資にまわすお金(働いてもらうお金)はそれように考えています

下手したら半分になってしまうかも?くらいには考えています

でもリスクを取っても、ぜひお金に働いてもらいたいので

私はインデックス投資をしています

ではなぜインデックス投資を選んだのか?

インデックス投資は市場全体に投資をするので、ゼロにはならないだろうと

待っていれば、買った投資信託の価値は少しづつ上がっていくだろうと

思うからです

株式の個別株のように紙屑にはならないという安心感があります

マイナスを抱えている現在でも、さらにコツコツと積み立てようと思えるのが

よかったなあと思うところです

悪かったところは・・・

自分がいけないんですが

ちょっと高いタイミングで買い過ぎて含み損が大きいところ(^_^;)

もう少しドルコスト平均法でいけばよかったなあと反省

いつまでたっても含み損がなくならない(どんだけ高値で買ったんだ)

タイミングは大切だなあと、それがわかったのはいいところかも(笑)

うちのように年齢の割に

預貯金も少なく、年金も少ない家庭は

貯金しながら資産運用もしながら、できるだけ長く自分も働かないとね

お金にもコツコツ働いてもらいましょう
図解 山崎元のお金に強くなる! [ 山崎 元 ]

今はこちらで勉強中(^^)v

日々、新しい情報も必要です

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です