中高年の転職、再就職について考えてみた

また少し寒くなったり
桜もびっくりしちゃう感じですね
早く春にならないかな
momokoです、こんばんは

スポンサーリンク

中高年の転職、再就職は学歴や資格が役立つとは言えない

私の仕事の一部に、応募の電話を受けたり、履歴書を見たりする、ということがあります

ハローワークなどの求人票に性別や年齢制限を記載できない関係もあってか

実際に希望しているのとは、少し違った方の応募が集まったりします

とくに最近は、40代50代の応募者がとても多いのです

資格が必須の場合、資格はもちろん必須、そして

資格があっても経験がないとだめです(新卒以外)

学歴も、なければ面接までいきません

面接はしても経験がないと、なかなか採用まではいきません

職種によっては、資格、経験がある場合でもブランクがあるとダメです

例えば出産・子育てでブランク10年、と言った場合です

日々進歩していく業界なので、10年もブランクがあったのでは役に立たないのです

私は技術職ではないので、経理の資格とPCができる、労務関係ができる

ということで46歳で転職できましたが、ほんとうに幸運だったと思います

技術職でなく、とくに資格も経験も必要なくて、年齢制限もゆるい職種もあります

そういう職種は、40代50代の応募が集中します

しかし、資格手当が付きませんので、給与は低いです

正規雇用ですから社会保険完備ですし安定した収入は見込めますが

仕事はとてもたいへんです

女性中心のその職種の、応募書類を見るたびに私はとても複雑な気持ちになります

女性は結婚出産によるブランクで、学歴や経歴がフイになる場合が多い

それは私と同年代の方に多いのですが

学歴がとても高い人が多いのです

有名な私立短期大学や、国立大学を卒業して、有名な会社に勤務した経歴が

履歴書に書かれています

そして10数年のブランク後、パートの勤務を転々としている

結婚退職後、出産育児をしながら、パート勤務ということですね

そして離婚したので、正規雇用で働きたい、社会保険がほしい

という人がとても多いのです

離婚はしていなくても、正規雇用で働きたい50代の応募は多いです

ほんとうに痛いほど気持ちがわかります

まだまだ元気で働きたいが、仕事は不安定なパートしかない

学歴も経歴も役にはたたない

女性はとくに、学校を卒業して入社した会社はなるべく辞めない方向で

考えた方がいいと強く思います

もったいないです

結婚しても出産しても、今は組合や社会が後押ししてくれます(私たちの時よりはずっと)

就職先を決めるときにそこまで考えて会社を決めることも大切かと思います

(以下、わたしの経験 駄文です)

わたしは、経済的理由で大学進学をあきらめるべく

普通高校進学をあきらめたとき、

悲しくてこの世の終わりかと思いました

高校を卒業して就職するなら、商業高校へ進んだ方が

就職率がよかったし、またすべり止めの私立高校の受験も必要ないと言われ

選択肢はそれしかありませんでした

子供だったので、悔しかったし悲しかった

あこがれの公立の進学校へ行って大学へ行きたかったなあと、大人になってからも

いつまでもずっと悲しく思っていました

でも、今、私がなんとか仕事をしていられるのは商業高校で簿記や英文タイプを

学んだからであり、それがなければどうなっていたかわかりません

高校で出会った親友たち5人も、今も全員、高校時代得た資格などで仕事をしています

もちろん、いちがいには言えません

大学や専門学校で得た資格で

何年ブランクがあろうと何歳からでも働いている方もいるでしょう

私が複雑な気持ちになるのは

世の中は変わっていくものなのでなにがいいかなんてわからないなあと

思うからです

15歳の私に起きた悲しかったできごとも

じつはこの世の終わりなんかではなかったわけで

ちゃんと高校へ行けて生きて行く術を学ばせてもらい、親友たちとの思い出も

たくさんできたのです

今ではほんとうにいい学校へ行けたと、感謝をしています

でもこれは大人になったから言えること、わかること

今この歳になって

毎日のようにいろいろな方の履歴書を見て

世の中というのは、わからないものだなあと思うのです

私の息子も大学は卒業しましたが、契約社員ですし

何とも言えませんが(^_^;)

私の経験が生かされてないわあ

まあ、それこそ、この先のことはわかりませんので

自分で考えて生きていってもらうしかありません

ほんと、これなんとかなるんでしょうかね(^_^;)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です