自分がもらえる年金額を知らない人が多すぎる件

引越し荷物がまだ片付いていない

各種手続き、住所変更が済んでいない

いやあ、なんだかいまだにバタバタ・・・

momokoです、こんばんは

スポンサーリンク

あなたは自分がもらえる年金の金額を知っていますか?

近所の、いつも集まる友人4人(私を入れて5人)

いつものようにカラオケで、なにげなく話していると

「年金て、何歳からもらえるの?」

と誰かが言い出して

「60歳じゃない?」

「62歳でしょ」

「ぜんぜん知らない」

「65歳じゃないの?」

みんな口々に、言うけど、なんだか怪しい・・・・

そこで思い切って聞いてみる

「年金、いくらもらえるか知ってる?」

・・・・・・・・(^_^;)

みんな知らなかった

(私は知ってるけど)

でもね、ここで重要なのは

みんなは知らなくても、大丈夫ってこと

彼女たちは全員、持家で

夫は堅実な上場企業のサラリーマンで

勤続40年とかそういうレベル

老後の心配はそんなにないんでしょう、きっと

私以外にひとりだけ、Rちゃんは未亡人なので心配した方が

いいと思うけど、持家のマンションはあるし子供もふたり成人して

立派に社会人だし、ご主人の生命保険が相当額あるらしい

つまり

私以外の人は

年金がいつから、いくらもらえるか知らなくても

困らないので

本当に知らないってことですよ!

なんとかなると思ってるんだから!

以前同僚だった友人も、町でばったり会って食事をしたんだけど

やっぱり、自分がもらえる年金額を知らなくて

驚いたわー

今の会社の同僚にもそれとなく話題にしてみたけど

「なんだかよくわからないよねー。年金定期便て、見てもなんだかわからなくて」

とか言うばかりで

えええ、それで調べてみたりはしないのね(^_^;)

でも

よそのお宅のことはわからないですけども

それほど潤沢に、年金が支払われるわけはないと思うので

たとえ、大丈夫そうであっても

調べておくにこしたことはないと思います

わたしの場合は、見込も少ないし、さらに減っていくんだろうなと

見通しは立っていますが(^_^;)

もしも私みたいな人がたくさんいて(年金じゃ生活していけないかも、みたいなひと)

なのに、大丈夫だろうとのんきにしていて

老後、困ってしまう人ばかりになったら

世の中、どうなってしまうかしらね

いやいや、そうならないために

もっと行政も、しっかりとお知らせしてほしい

年金だけじゃ足りませんよ!

あなた、1カ月に○○円しかもらえないんですよ!

って、

はっきりお知らせしてほしい

それだと、世の中のかなり多くの人が絶望してしまうから

言えないのかしら?

と、まあ、とにかく

自分の年金について、わからないことは年金事務所に聞くなどして

調べておくことをお勧めします

そうすると

副業や資産運用や貯金について調べることになると思うので

このブログをのぞいてみてね(はい、宣伝 笑)

参考になる記事があるかはわかりませんが

いっしょに考えましょう(笑)

楽しい老後を過ごせるように、いろいろ知恵を働かせましょう

ってことで

今後ともよろしくおねがいします、ぺこり

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 年金額に絶望54才 より:

    夫59才の年金お知らせ便を見せてもらい 愕然としました
    自分の年金も試算したら 奈落の底に…
    夫は 30才で就職し 掛け年数も給料も少なく しかも自分で63才定年を選んだ…
    私も独身時7年 結婚後10年勤め中です 今の勤務先も不景気で60まで勤められるか心配です どんな仕事でも選びませんから65才までは社会保険のある会社に勤務希望です
    インターネットで 高齢夫婦二人最低生活費は22万 というのを見ました 
    私が年金を満額もらえるとき 介護保険料を引かないでぎりぎり満たしています 息子も同居ですが これまた薄給です 
    夫は肺気腫ですし…
    これからは 住民検診も受けず ぎりぎりまで病院に行かず 行ったときには手遅れ 終末期 でいこうと思っています 
    貧乏は辛いです 
    新幹線焼身自殺 年金額が少ないからだったんですか…身につまされます

    • ももこ より:

      こんにちは
      コメントありがとうございます

      お二人で年金が22万円とのこと、うらやましいです
      うちはもっと少ないです(-_-;)
      うちは22万円なくてもなんとかやっていけると
      思っていますが・・・
      問題は、年々支給額が減っていった場合です
      できるだけ長く、働くことが重要ですよね
      お互いがんばりましょう

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です