住民税を安くする方法 私はこれで住民税が安くなりました!

6月から、住民税は新年度が始まり、

徴収される(あるいは納付する)税額が変わります

通知が届いたので、確認すると

期待通りに、納付額が少なくなっていました

momokoです、こんばんは

スポンサーリンク

特別徴収税額の決定通知書が自治体から届いた

私は給与担当なので、正確には通知書が届いて、それを配布した、

ということなんですが

この通知書、社員が住んでいるそれぞれの市区町村から送付されてくるんですが

最近は個人情報ということで、各自治体様々な方法で、個人情報がわからないように

配慮されてきています

圧縮タイプで中身が見えないもの(徴収金額はもちろんわかるようになっていますが)

一部をはがすシールタイプなど

収入の内容(雑所得、利子、不動産などの種別)などが

勤務先にわからないようになっています

でも、そうじゃない自治体もあるので、その場合

わたしのような給与担当者には、副業してたりするとわかってしまいます

副業禁止の会社だと、対策が必要かもしれません

住民税は去年の収入に課税されるものなので

前年度とあまりに徴収額が違うと、それだけでもわかってしまいます

例えば、前年度は12,000円くらいを給与から徴収していたのに

今年は25,000円???そんなに収入上がった??

ということですね

給与担当ですから、昇給内容はわかるので

そうでなければ、なにか副収入などがあったということです

遺産をもらったとか土地を売却したとかいろいろ・・・笑

確定拠出年金の効果で、住民税の納付額が減りました

反対に、徴収額が減ることもありますね

扶養が増えたり(子供が生まれたとか、親を引き取ったとか)

私も、ここです

徴収額、減りました!

27年度 徴収年額 161,300円

28年度 徴収額  107,500円

なんと年額で 53,800円 減りました!

※自治体により、変わります

月額 4,500円くらい減るんですよ

うれしいです!(^^)v

私の場合は、確定拠出年金のおかげです(個人型401k)

27年の3月から 拠出を始めて

はじめは毎月2万円、途中から限度いっぱいの2万3千円にして

合計 21万2千円を拠出しました

このぶんがすべて、所得からさし引かれて、住民税が課税されたというわけです

拠出分は、私の場合、全額投資信託で運用されるようになっていて

今はとくに儲かってはいませんけど(笑)節税効果のほうが高いので

これからも60歳までがんばるつもりです

それにしても

こんなふうに金額ではっきりわかると、励みになるなあ

自分で勉強してやってみたら、こうやって結果が出て

非常にうれしいです (^O^)

うちの会社で、

確定拠出年金加入しているのって、なんと私だけなんです

みんな知らないし、調べてもいないらしい

今回、改正になって、幅広く加入できるようになったので

広まっていくといいなと思うけれど、どうでしょうね

限度額がもう少し増えるといいな

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です