月収60万円でもお金がない!生活が苦しい理由

関東もやっと梅雨が明けました

夏本番、夏ならではの楽しいことしたいですね

momokoです、こんばんは

スポンサーリンク

月収60万円でも、生活が苦しい、貯金ができないってこと本当にあります

私の人生において、わが家に総支給額60万円以上の給料明細が届いたことは

ありませぬゆえ、友人の話なんですが(笑)

ご主人は、名の知れた企業の課長さんです

毎月の給料明細の総支給額の欄に、60万円以上の金額が載っているなんて

夢のようですよね

え?そうでもない?普通ですか?(^_^;)

私の友人もそういいましたが(笑)

大学出てから30年も働いてるんだから当たり前って(そう言えるってことが素敵)

そして、いろいろ引かれるし、結局ぜんぜん残らなくて

貯金なんてボーナスでやっと少しできるくらいよ、と

ええー そんなはずないでしょ使いすぎでしょ  ←私の心の声

私の心の声がバレてしまったのでしょう、彼女は明細を見せてくれました(笑)

社会保険料が合計で6万円、所得税と住民税が6万円弱引かれて

交通費込みの支給額は48~49万円くらい

でも、48万円もある!

しかし、ここからが問題みたい

家のローンが残っていて管理費駐車場合わせて9万円、夫の小遣いが7万円 車のローンと関係費が5万円 息子の大学の諸々が4万円くらい(学費は別。交通費や本代など。運動部に入っているための交通費や合宿代などもかかる)生命・医療保険が3万円

このへんはだいたい毎月同じなので把握しているわけね(笑)

それでもまだ20万円もある!

と思うけど、さらにここからも問題が

運動部に入っている息子の送り迎えなどガソリン代も嵩むし、食費もすごくかかる

試合の応援や、親の会など集まりもあって(このへんは、金額もよくわかっていない)

20万円はいつのまにか、なくなっているらしい(^_^;)

毎月20万円がいつのまにかなくなっている、というのが驚き!

本人曰く、「なんにも贅沢してないのに、お金ないのよ」ということですがね

私が思うに

月収が60万円ある

と思ってしまうところが、罠なんだな(何の? 笑)

48万円、と思わないといけない

さらに家と車のローンの分も差し引いて(これは借金なんだから)

35万円くらいの収入と思えば、あんまり生活を大きくできないと

考えると思うんだけどね

でも、まず稼いでるご主人本人が、俺は60万稼いでる、と思っているんだね

だから、家のローンもあるし教育費も終わっていないのに

ローンでしょっちゅう新車を買ってしまう

7万のおこづかいでは足りなくて、ちょいちょいボーナス貯金からも補てんする

ふだんからちょっといいお酒も買ってしまう

子供にもお金をかけてしまう

稼いでる本人が使うというものは止められないんだよね

うちもそうでした

40万円稼いでるのに足りないわけない!と怒られたことあり

(でも税金など引くと33万円くらいで、同じようにごっそり夫が使っていたので

お金なかったです)

私の友人もパートで働いてはいるけど(もちろん扶養範囲内)

自分の服や美容代、お茶代などで

なくなっちゃうそうです

運動部で、バイトしてるヒマのない息子に

洋服買ってあげたりでなくなるらしい(^_^;)

これを生活が苦しい、と呼んでいいのか甚だ疑問だけど

彼女は真剣に「お金がない」と言っています

お金がないのは本当だわ、たしかに(たくさん出て行ってしまうからね)

でも

今を借金したりせずに乗り越えれば

家のローンは終わり、息子は大学を出て就職し、両方の支払いがなくなるので

彼女の家は大丈夫なのです

ご主人の会社は名の知れた会社なので、退職金もしっかりあるし、

もちろん年金もある

まあ、私が心配する必要なんてまったくないよね(笑)

使い方によっては、私ならもっと貯金できるけどなあ

お金がない、なんて言わない生活できるけどなあなんて思いますが

人は必要に迫られないと、なかなか必死にはなれないようです

そういう意味では、わたしはラッキーかも?(笑)

少ないお金でも楽しく暮らせるスキルを磨いて

定年までには、達人になれそう(ほんとかなw)

がんばりまーす(^^)v

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です