○○を飲む人は富裕層になれない

今日で4月も終わりですね

1年の3分の一が終わってしまいました

あっという間ですね

少しでも、何か残るような生き方ができたらいいな

momokoです、こんばんは

スポンサーリンク

「コップの水」を飲む人は富裕層になれない

これはほんとうに、なるほどなあと思った記事

私は、富裕層って、初めからある程度の裕福な家の生まれじゃないと

なれないと思っていました

低学歴で社会へ出て勤労者になっても、高収入は見込めない世の中

一生懸命働いても、その収入は生活するだけで消えていくし

少々の出世をしても、家を買ってローンを払って子供の学費を払って

でなくなっちゃう

とても富裕層にはなれそうもない・・・・

でも、今の富裕層の人たちは、ごく普通の年収の人達も多いんだそうです

その人たちがどうやったかというと

質素倹約まずお金を貯めて種銭をつくり

資産運用で増やし、富裕層になっていったのだと

こうして読むと当たり前のことですが

なかなかできないんですよね、これが

かっこつけずに

まわりの目を気にせずに倹約を貫き通して

とにかく種銭をつくって、そのお金に働いてもらう

まあ、人の目を気にして普通のことしてたのでは

種銭は貯まらないってことですね

(労働収入のほかに収入の途を作ることも大切)

そして

コップに水(お金)がいっぱい溜まっても

そこで飲んではいけない(減ってしまうから)

いっぱいになって、あふれてきたら、やっとそれを

なめてもいいというね

そのあふれた分のみで生活できるようになれば

もう、一生お金に困ることはない(ほんとうの富裕層)

コップのお水がたまったからと、飲んでしまう人は

富裕層にはなれないんですね(^^;)

そしてこうして富裕層になった人たちは

富裕層になっても、倹約している人が多い

隠れ富裕層ってやつですよね、はた目にはわからないけど

お金持ち

なので、ますますお金に困らないわけです

世の中、そういうしくみになっているんだと

気づくのがおそい(笑)

少々、お金を貯めても、どうにもならないと思っていた

こともあったし(そもそも、たいして貯められなかった)

でも、方法があるのだとしたら頑張れそうな気がしますよね

いやいや、私はそれにしても遅すぎるけど

でも、富裕層にはなれなくても

ちょっとはお金に働いてもらうことはできるかもしれないから

質素倹約をこころがけて

資産運用の勉強も続けます

まずはGWは本を読んでみよう

これも注文してみました

私にはちょっとむずかしいかなあ

でもGWだし、とくに外出の予定もないので

がんばって勉強しようかなと思います

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です