投資はやっぱり、ほったらかしがいいのかもしれない

関東地方は梅雨があけました

暑いですね!

momokoです、こんばんは

スポンサーリンク

ほったらかしているほうが儲かる?

トランプ相場の少し前くらいに

投資信託も株も警戒してほとんど売ってしまい

今のように相場が高いと、なにもできずに

眺めているだけ(^^;)

その後、買った株はセンスがないためか

ややマイナス(日経が2万円超えているというのに)

むずかしいですねー(笑)

しかし

iDecoは、ほぼ、ほったらかしにしているため

高値の時に始めたのに

現在、含み益をキープしています

そして、同じくほったらかしでそのままにしていた

投資信託も、いつの間にか利益が出ている

なるほど

つまり、買ったら何もしないほうがいいんじゃ?(笑)

高くなっても安くなっても

淡々と(というかほったらかして)積み立てていると

経済は上がったり下がったりしながら

(減ったり元に戻ったり増えたりを繰り返し)

徐々に増えていくと言われていますしね

上がるたび下がるたび、あれこれ思惑があって

ついつい売り買いしてしまうけど

結局、それはしないほうがいいってことに

気づくのが遅い(笑)

投資信託も株も

一度買ったら、何かない限り持ち続けるのが

いいようだなと、やっとわかる

でも、それには、なるべく適切な価格で買いたい

しかしそれは、いくらくらいなのか??

そして、それはいつ買えばいいのか??

わからないので、ただコツコツとドルコストで少々積み立て

あとは資金としてプールもする(その時のため)

機会損失がもったいないので、資金があるなら

なるべく早く

一括で購入したほうがよい

という意見もありますが

私的には、ドルコスト平均法で少しずつ

しかも、高い時には無理をしないで様子をみてもいい

と思っています

そして許容範囲というのは

減ってもいい金額、というより

減ったけどまた元に戻る(はずだ)から

その間、待っていられる金額

という意味ととらえています

減っていいわけではなくて

戻ってくるまで待っていられる、ということ

投資を始めたころは、それが失ってもいい金額だと

思っていました

まあ、もしかしたらほんとに失ってしまうこともあるのかも

しれませんが(個別株なら、もちろんその危険は常にあるし)

マイナスになっても、売却しなければ確定ではないので

ずうっと保有して待っていられるか?

ということですね

また考え方は変わるかもしれませんが

私の場合、何事もやってみなければお腹に落ちない

そんなふうに思います

iDecoのように

わざわざログインしないと見られないほうが

ほったらかしにぴったりのようです

あんまり難しく考えないほうがいいのかな

頭こんがらがります(笑)

で、結局ここへ戻ります

私が初めて買った投資の本(こちらは改訂版です)

私はドルコスト平均法が好きですが、こちらはいろいろ

勉強になります

あとは貯金に精を出し、その時のための資金作り

これが、いちばん大切かもしれません

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です