50代からの本気の片づけ 断捨離の途中経過

涼しいですね

そして世界も揺れ動いています

秋風とともに何やら空気が変わって

きているような

momokoです、こんばんは

スポンサーリンク

かなり本気で片付けは進んでいます

朝鮮半島の動向は心配ですが

とりあえず

私は我が家の経済も心配です

そして、夫と私の老後の生活も心配です

体力がなくなってくるっていうのは、まぎれもない事実

身内の不幸がきっかけで再開した断捨離、片づけですが

今回は少しづつではありますが、中断することなく

継続しています

かなり、いろいろなものを捨てました

引っ越しのとき、たくさん捨てたと思ったのに

まだまだ、こんなにあるんだ…

自分でも驚いた(笑)

断捨離が進んでいる理由、それは

断捨離が進んでいる理由は、ひとつ

それは

歳をとったから

これに尽きると思います

私は若いころから、じつはシンプルでモノの少ない家、というのに

すごく興味があり憧れていました

とても年季の入った本ですが、私の宝物です(以前にも紹介しました)

【中古】 少ないモノでゆたかに暮らす ゆったりシンプルライフのすすめ /大原照子(著者) 【中古】afb

もう今では新刊は手に入らないようです

(1999年発行です、もうそのころからシンプルライフ!)

大原照子さんのおうちは、ほんとにスッキリしていて

こんな家だったら、どんなに気分よく暮らせるだろうかと思いました

憧れでした

でも

できなかった

若くて

いろいろなことに興味があって

体力もあるから

捨ててしまって後悔して、買いなおして

次々しまい込んで…

捨てようと思っても、またそのうちやるから

また使うから

そう思って捨てられない

でも

今回は

「もう、やらないだろう」「もう使わないだろう」

そう思いました

手芸用品、洋裁用品もすべて捨てました

布やビーズ、色とりどりのボタン、糸なども

もうきっと使わないと思うのです

毛糸類は以前にすべて捨てましたが、他は残してあったのです

もう根を詰めて手作りする体力はないなと思い、思い切って

捨てました

体力もそうですが

記憶力も、かなり怪しいの(笑)

あれ、こんなの取ってあったとは

あー、こんなのあったねえ

なんだっけ、これ?

こういうのはすべて捨てました

きちんとキレイに保存してあっても

すっかり忘れていて、もう使うことはなさそうです

片づけしていながら、思ったことは

やっぱりもう、若くないんだなってこと

手間のかかることや

体力のいることは

さっとあきらめついて、迷うことなく捨てる袋に入れられるのです

以前の私なら○○すればまだ使えるからって

捨てなかったはずのものでも

その○○するのが、いやなのです

その手間、時間を、生活自体に使いたい

そんな風に思うようになったということです

それでも今なら、片づけて捨てて、ということがまだできる

どんどん体力も気力もなくなっていくから

今のうちにやっておこう

そう思うから

中断はできません

少しずつですが、休みの一部を使って進めています

だいぶ片付いてスッキリしてきたので

日常生活がすこぶる快適になり

その効果にびっくりして

さらに片付けが進む、というようになってきています

そして家事雑事が少なくなって

なるべく長く仕事を続けられれば、

「ものが少ないとお金が貯まる」となるんですが(笑)


すっきり!幸せ簡単片づけ術 [ ごんおばちゃま ]
具体的にはこちらが参考になります

本の通りに順番にやっていくと

ほんとにすっきりしてくるんです

ごんおばちゃまに背中を押されて、ますますがんばれます

ただし

私はミニマリストではないので

無駄なものでも好きなものはよぶんに持っていたりします

いっきに捨てられないものは

少しずつ、手離していけばいいかなあと思っています

合言葉は

「自分のものだけ、自分のものだけ」

です(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です