「お金は銀行に預けるな」インデックス投資は、とにかく継続がだいじなんだと思う

またまた、寒波がやってきて

関東地方は冷蔵庫のようです

寒さに弱いので、けっこう厳しいです

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

カツマーブームで投資を始めた人たちのその後

わたしは勝間和代さんは知っているけれど(もちろんテレビで)

カツマーブームは知りませんでした

最近はロジカル家事、などの本を出されていますよね(;^_^A

お金は銀行に預けるな

という本で一躍有名になり、カツマーブームが起きたんだそうです

この本が出た後で

リーマンショックが起こり

損失を出した人が、怒って「勝間、出てこい」となったとかなんとか

この方のブログで詳しくわかります(勝手に紹介しています)
「お金は銀行に預けるな」を信じた人の末路

私はこのブログを見て

ものすごく納得しました

もちろん、調べて納得したうえで、インデックス投資を始めたし

長期で積み立てるメリット・デメリットはわかっているつもりだったのですが

始めたばかりのころは

下がれば、青くなって積立額を減らしたり(ばか)

上がれば利確したくなるし(やれやれ)

最近やっと、粛々と積み立てて放っておく、

ということができるようになってきたと思うのです

つまりは

今までは、本当にはわかっていなかったんだな

カツマーブームに乗っかって投資信託を買い、

リーマンショックで驚いて売ってしまい、損を出した人たちも

きっと、よくわかっていなかったんじゃ?

投資信託で○○万円溶かした、とかいう人もしかり

ちゃんとインデックス投資がわかっていて

なおかつ、資産がどんどん減っていく恐怖に打ち勝ち

(勝間さんを信じて、)積み立てを継続した人だけが

アベノミクスで資産を大幅に増やすことができたわけです

今から同じことをしても

必ず同じようになるわけでもなく

誰にもそれはわからないけれど

上がっても下がっても積み立てを続けていれば

経済の成長により、資産が増える可能性が高い(と信じて)

それがインデックス投資なんですね

下がって資産が減ったところで

売ったらだめなんです、売ったら損失が確定なんです

とにかく

ずっとずっと積み立てを続ける

ものすっごく安い時(暴落してるとき)に、なにかで売らなくて済むように

生活防衛費をキープしておいて

しばらく使わないであろうお金のみを積み立てていく

一度買ったら、売らない

安くても高くても売らない

バイ&ホールド

ってことですね

このようにはっきりと、モデルタイプが示されると

私のようなおばさんは妙に納得するのです

ただし、次も同じになるとは限らない

待っていれば必ずいつかは上がる、かどうかはわからない

ってことです ここだいじです

投資は自己責任で

もしも損失が出ても

「ももこ、出てこい!」

って怒らないでくださいね、わたくしど素人ですから

どうぞよろしく(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です