我が家の食費が高い理由

今年は本当に寒いですね

いつ頃までこの寒さが続くのかな

寒さに弱いももこです

こんにちは

スポンサーリンク

なぜこんなに食費が高いのか?謎が解けました

毎月、9万円は当たり前というような我が家の食費

酒代は1万5千円くらいかな 夫の発泡酒24缶入りがだいたい5ケースくらい

1日350mlを4本は飲む計算

もっと買うときもある(在庫がないといけませんので)

それと日用品を差し引いても6~7万円くらい

大人3人(夫婦と息子)の食費としては高いような・・・

でも平日の夕食は夫が作ってくれるので

その分の買い物も夫が休みの日に行ってくれてますし

私は週末など自分の休みの日は作りますから

その分の買い物と、職場近くの激安スーパーで買ったほうが安いものは

私が買い物しますし

調味料など被ってしまうこともあるので

まあ、しかたないかとずっと思っていました

しかし

夫が作ってくれる夕食は

生姜焼きとかハンバーグとかの主菜にみそ汁とか

焼きそばとか

具多めのパスタとか

それほど単価が高くないと思われ・・・・

私の時は、日頃の野菜不足を補うために

煮物やあえ物、きんぴらごぼうや炒め物など

翌日にも食べられるほど、多めに作りますが

それでも、肉魚野菜ともに激安スーパーのものです

このメニューで6万円以上するかな(;^_^A

夫がへそを曲げてしまうとめんどくさいので

あまり細かいことはいわないことにしているのですが(;^_^A

毎週1万円を買い物用に夫に渡していますが

(ここから、日用雑貨や夫が必要と思った衣類なども購入)

家計簿に簡単につけたいからレシートくださいね

とお願いしてみました

夫の昼食代にお金がかかっていました

すると

巻きずし

牛タン塩レモン味

焼き鳥3本串

アジフライ

ローストビーフ

ミックスサンド

など見慣れない文字がレシートに

これは夫の昼食代でした

夫は外食産業のコックですので

ずっとお昼は「賄い」と呼ばれるもので食べられるので

(給料から少々引かれる場合がほとんど)

あんまり考えていませんでした

最近は勤務時間が短いので、忙しいランチタイムが終わって帰ってきて

家で一杯やりながら好きなものを食べているそうです

途中で駅地下やデパ地下、コンビニなどでお昼を調達

なるほどなるほど

それを1週間1万円の買い物代から清算していたわけです

結論から言うと

結局これは今までどおり、食費として計上ですね(;^_^A

1日分いくらまでとか夫に言えるはずもなく

私が持って行っている、昨夜の残りや冷凍したおかずなどの弁当を

食べるような人でもなく

これはしかたないよね

理由がわかっただけよかった

というか、なんで今まで考えが及ばなかったのか(;^_^A

ほんと、こういうところ抜けてるんです私

息子が大学留年した時も

私は学費を作ればいいんだと思って、残業休日出勤せっせとしていた

せめて成績表チェックして

ちゃんと学校に行っているか、就活しているか、

そのくらい見張っておけばよかった・・・

仕事ばかりして、ちゃんと見ていなかった

だってもう20歳過ぎていたし

自分が20歳のころは自分でなんとかしていたから(´;ω;`)

話がそれてしまいました(;^_^A

そういうわけで

我が家の食費は高いので、

これはずっと続きます

が、がんばって働くわ(^^;)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です