今年の住民税はいくら?特別徴収税額の通知書とは?

5月もあとわずか

あっという間に1年の半分近くが過ぎていきますね

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

住民税の特別徴収税額が決定しました

私は中小企業で給与担当をしているものです

毎年、5月には

各市区町村から、住民税特別徴収税額の決定通知書が届きます

給与明細といっしょに、配布されると思いますが

これは何かといいますと(けっこう、ちゃんと見ない人が多い)

今年(正確には来月6月の給与から翌年の5月まで)給料から

いくら住民税が引かれるか、という金額が書いてあるもの

です

昨年1年間に稼いだお金から計算して決定した30年度の住民税の金額です

それが、毎月いくらずつ合計いくら引きますよ、と書いてあるわけです

内訳も、載ってます

市民税が○○円、県民税が△△円、など

(そう、当たり前ですが県と市では計算方法が違います)

さらによく見ると

昨年の収入合計額と控除額(社会保険料、配偶者控除など)も載っていますね

私の場合だと、給与以外の収入の金額が、その他の所得として記載されていますし

配偶者特別控除(夫)も記載されています

確定申告のとおりです

そして、小規模企業共済の欄に、確定拠出年金(iDeco)の金額が

入っています

今年も、iDeco

のおかげで、住民税は低くおさえられています

節税の効果は大きいです

最近の傾向としては

圧縮型などで

個人個人の中身が、本人にしかわからないような形に

なっていることです

昨年はいくつかの自治体で、まだ導入されていませんでしたが

今年は、全自治体(うちの会社の従業員の居住自治体に限る)で

導入されていました

自分で開いて中身を確認するタイプです

個人情報の観点から、こういうことになっているのだと思います

ここでひとつ気になることが・・・

わたくし、確定申告の時に

確かに、給与以外の収入の分は普通徴収で

と入力したはずなのですが

(普通徴収というのは、自分で払います、家に納付書送ってください

という意味なのです)

市からの通知書にはしっかりと その他収入ということで記載され

所得額にも合計されています(;^_^A

私の場合は、微々たる金額ですが

ここの金額がもっと多い人は、けっこうまずいかもしれませんね

給料の額の割に、なぜこの人だけ住民税高いのかしら?なんて

思われそう

噂で、普通徴収と記入しても

特別徴収になることも多い、とか聞いていたけど

やっぱり…

皆様も、じっくり通知書を見てみては?

毎月、必ず給与から引かれるものですが

内容がわかっていると

なにかと安心です

(給与担当が間違って多く差し引いてるかもしれませんよ 笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です