縮毛矯正やめました

そろそろ梅雨の後ろ姿が見えてきました

まだ、もう少し

5月の気持ち良い晴れた空を

見ていたいです

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

縮毛矯正をやめるのは想像以上にたいへんだった

わたしはもともとくせ毛で

昔から

シャンプーの後は20分くらいかけて

ブローをしていました

梅雨時などは、膨らんで広がって

せっかくブローしても水の泡

久しぶりにロングにして毛先にデジタルパーマをかけたとき

美容師さんから「この上のほう、縮毛矯正してみませんか?

このくらいの癖なら、かなりサラサラになりますよ」

と言われ、何気ない感じで縮毛矯正というスパイラルに

足を踏み入れてしまったのでした

ストレートパーマの新型みたいなやつと思ってました←

調子に乗って半年ごとにかけて、最後は4か月しかたっていないのに

かけて・・・・

ついには髪の指どおりが悪くなって、もう縮毛矯正は

やめよう、と決心します

白髪も染めないといけないし、お金もかかりますから

ところが

縮毛矯正って、一度かけるとやめられないしくみに

なっているんです

縮毛矯正してまっすぐになった髪は、ストレートパーマと違って

取れたりしないので、永久にまっすぐのまま

つまり、髪が伸びてくるとそこはくせ毛なので

上はくせ毛、その下は不自然にまっすぐな毛という

何とも不自然なヘアスタイルになるわけです

でもボブやショートにしようとカットすると

縮毛矯正した部分がぱっつん!となってしまって

できないのです

永久に伸びた部分に縮毛矯正をかけつづけなければ

ならないというわけ

私は量もすごく多く、硬くて太い髪なので

もっさりしたヘアスタイルになってしまい

少しずつカットしてもらいながら

ずっと結んで過ごしました

最後に縮毛矯正してから12か月めくらいに

ネットで検索して

絶対に似合わせます!ドライカットでくせ毛多毛も得意です

という美容院に行きました

が、見事に断られてしまいました(;^_^A

縮毛矯正のまっすぐ部分がまだだいぶ残っているのと

くせがあまりに強く

うねりも強くでるようになっているので

これではショートカットはできません

縮毛矯正部分が全部なくなったとしても

短くするのはやめたほうがいい

長めにして結ぶほうがいい

もしどうしてもみじかくしたいならベリーショートにするか

縮毛矯正をかけるしかありません

とその美容師は言いました

ロングにする前はショートボブにしていたと

証拠の写真も見せましたが

「今とはぜんぜん髪質が違いますね・・・・」

と言って首を振るばかり

無理、できない、やめたほうがいい、の連呼

縮毛矯正をしていた2年ほどの間に

私の髪は 以前の倍くらいも強いくせ毛になっていたのでした

縮毛矯正をおすすめされた美容師さん曰く

加齢が進んで、毛穴のゆがみなどのためにくせが強くなったのでしょう

ということでした ><

私はもう永遠に髪を結んで生きるしかないのか?

でもTくんのコンサートやイベントやコンサートやイベントには

おしゃれして行きたい!!(結局それ)

私はあきらめませんでした

次回に続く

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です