67歳の夫が支払う社会保険料は

ワールドカップが始りますね

昔、サッカーの大ファンだった頃がなつかしい

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

夫の住民税の通知書が届いた

67歳で年金受給者の夫に

住民税の通知書が届きました

年金のほかに、アルバイトで10万円ちょっとの

収入があります

年金はとても少ないのですが

働いてくれてるので助かっています

夫の年金額についてはこちら

65歳夫の年金受給額が衝撃だった件 

現在は介護保険料も

国民健康保険料も

年金から天引きですので

納付する手間はいらないのですが

住民税は、納付書が通知書と一緒に送られてきます

昨年分の私の確定申告時、夫を私の特別控除配偶者で申告したので

夫の住民税は下がると期待していたのですが

夫の住民税は

なんと

5,000円でした

今年度の、夫が支払うべき住民税が

全部で5,000円ということなんです

思わず通知書をなんどもひっくり返して

見てしまいました

5,000円でいいの?

諸々の控除をひかれると、このくらいなんですね

収入が下がると税金も下がる

そして

年金から引かれている介護保険料は

10,500円

国民健康保険料は19,400円

これは2か月分です

年金は2か月ごとに振り込まれるからです

つまり夫が毎月支払っている社会保険料は

(10,500 + 19,400)割る2ですので

14,950円ということです

住民税は1か月420円くらいということになりますので

合計 15,370円

これが今年、夫が1か月に支払う社会保険料です

1か月の収入約15万円弱に対して

高いのか安いのか

アルバイトをしなくなったら

私の扶養に入ってもらうので

介護保険料だけの支払いになると思いますが

本人のためにも、できるだけ働いてもらいたいなあ

と思います

労働時間や日数を減らすなど、無理のない範囲で

今後、夫婦ふたりの収入が、わずかな年金だけになっても

国保と介護保険と住民税の支払いはあるわけで

(賃貸住まいの我が家は家賃も必用)

なかなか厳しい現実です

がんばって貯金する!

のんびりした楽しい老後になりますように

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です