衝撃を受けたミニマリストさんの部屋

連休も今日で終わり

お天気の良い関東地方でした

世の中の人はどんなお休みを過ごした

のでしょうか

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

あらためて思うミニマリストの潔さ

私の休みは3連休ではなく

土曜日は1日仕事でした

金曜日はお墓参りに行ったり

洗濯したり、ヘナで髪を染めたり

今日は久しぶりにのんびりできたので

登録しているdマガジンで雑誌をチェック

まず読むのは、
日経 WOMAN (ウーマン) 2018年 12月号 / 日経WOMAN編集部 【雑誌】

今回、目を引いたのが

ムダなモノを持たない人が選ぶ本当にいいモノ

2019ランキング

という記事

どんないいモノなのか?

ではなくて

そこに出てくるミニマリスト矢部さんのお部屋!

5.5畳1K

この部屋がすごい

個人的には、ゆるりまい さんの部屋を見たときに匹敵

します

いや、ゆるりさんはほんとに何にもないですが

こちらはあるにはあるんです

でもまるでビジネスホテル

でも、テーブルの下にはラグも敷いてるし

テレビも洗濯機もある

この狭さで本当に普通に生活ってできるの?

っていう衝撃

服も靴も厳選されていて

今使わないものは、処分するんだろうな

とわかる

靴だって、雨の日も雪の日も真夏日もある

仕事に映画に海に旅行に,外出先は

いくつもあるだろう

でも5足ってことは

多少の不便さや気に入らないところは

目をつぶる潔さが必要ってことだと思う

バッグもコートも同じだ

真ん中あたりをとって、どこでもOKな靴、服、バッグ

を選ぶしかない

しかも趣味のもの、思い出物とかが一切なさそう

(スペースが見当たらない)

卒業アルバムなどは実家などにあるのでしょうね

でも

すごく羨ましい

余計なものが目に入ってこない生活って、あこがれです

最近とくに思うのですが

これから歳をとっていくにあたり、

少ないモノでシンプルに暮らしていくことを

本気で考えていかないとだめですね

体力も時間も限られているし

楽しいことをたくさんするためには

その他のことはシンプルにする必要があります

服やバッグ、靴なども

失礼にならない程度にいつも同じような感じでいれば

諸々の手間や時間が節約できます

そういいながら

なかなか、趣味のもの、思い出のものを手放せない

のです(笑)

息子が独立してくれれば

彼の部屋は私のものになるので

リビングから撤退させるので

かなり改善されそうですが

(でもそれは、単なる移動ですね 笑)

リビングの件だけでなく、息子には一人暮らしを経験

してもらいたいと思うのですけどね

まだ当分、無理かな(;^_^A

話がそれました

前述の ミニマリストさんの部屋は5.5畳なのですから

部屋の広さ狭さは関係ないことがわかります

少ないモノで暮らすとは

潔さが決め手!

そろそろ、潔くいかないとだめかな

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です