定年後、68歳夫の社会保険料と税金の金額は

立春の今日、暖かかった関東地方

また明日は寒くなるようです

風邪をひかないように気を付けましょう

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

夫の払う税金や社会保険料はいくら

そろそろ確定申告の季節

今年も私が、夫の分と合わせて二人分

申告書を作らなければなりません(;^_^A

下準備として

書類をそろえていますが

年金とアルバイトの夫のそれぞれの源泉徴収票など

見ていて

一昨年、収入が下がったので(定年退職→アルバイト)

昨年の税金が少なかったのがわかります

収入も減ったけど税金や社保も減ったということ

やはり

退職した翌年が、たいへんなんですよね

収入は減ったのに支払う税金や国保などが高いので

うちのように低収入でも苦しかったので

給与の高い方は、退職の翌年はそれなりの

高い住民税がきますから

驚きますよ みなさん要注意 ><。

昨年、夫が払った住民税は

なんと5,000円でした

(私の、所得税の特別控除配偶者でした)

介護保険料は 65,880円

国民健康保険料は 58,200円

合計で年間129,080円払いました

今年の確定申告でも

配偶者特別控除を受けられますので

支払う方も同じくらいで済むといいのですが

夫は68歳ですから

収入をもう少し押さえれば、年金も少ないので

健康保険も私の扶養に入れるのですが

(交通費込で、年金を含む収入が180万円以内)

少々オーバーしているのです

この58200円がいらなくなるし

私の月々の所得税も少なくなります

でも夫の職場は人手不足で

当初の約束よりどんどん仕事が増えて

出勤時間も長くなり(;^_^A

夫には、目のこともあるので

あまり無理をしないでほしいけど

本人は車を手放したくないし

諸々あきらめたくない支出もあるので

頑張って働いてる感じです

(1か月5万円ほどの年金収入だけでは、車は維持できません)

いずれ

2人の年金だけになったときには

いろいろあきらめてもらわなければなりませんけどね

どうして男の人って

こんなにお金がかかるんでしょう

今から、その無駄な支出をやめて貯蓄にまわせば

完全リタイアしてからの生活が

ぜんぜん違ったものになるのに

ちょっと意味が分からない(サンドイッチマンみたいにw)

国民健康保険はももこ家の場合

70歳で2割負担

75歳からは後期高齢者医療保険となって1割負担

※収入によって変わります

にはなりますが

2人とも退職すれば保険料は二人分必要(頭割りで)

介護保険料も二人分

これはずっと払うわけですよね

家賃込で2人で20万円で生活できれば

なんとかなる計算なんですが

この社会保険料は痛い出費ですよね・・・高い

いつまで、どのくらい働くのか

何歳まで健康でいられるのか

夫がどのくらい、もろもろあきらめられるか

にかかってくるんですけど(いや、説得しないと!)

まあ、とにかく

申告書を作成しなくちゃ、ですね

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です