「たくさん働くと年金がカットされて損をする」のだろうか

仕事帰りに雷雨になりそうで

怖かったのですが

なんとか無事に帰りつきました

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

年金をもらいながら働くと損をする?

私は、65歳からもらえる年金の額が少ないので

できる限り働きたいなあと思っています

雇用していただけるならですが

その前にもらえる

比例報酬部分も、少ないです(;^_^A

でも今の収入にプラスとなると

年金がカットされるかもしれず・・・

現行では65歳未満の場合

年金と給与の総額が28万円を超えると

超えた金額の半分がカットされます

65歳以上は46万円を超えると同じく超えた部分の半分が

カット

これは、まあ超えるわけないので 65歳からはたーくさん働いても

大丈夫(笑)

問題は

60歳から65歳まで

比例報酬部分を受け取りながら

どのくらい働くか?

超えてしまった分の半分がカットされるなら

仕事をセーブしたほうがお得なんだろうか?

給与総額が28万円だったとして

(交通費含む 現在の給与から残業代を引いて)

貰える年金が3万円とすると

28万を超える部分は3万円で

その半分は1万5千円です

私の場合、定年時に雇用延長を希望して

もし継続してもらえるとしても

役職手当はなくなるはずなのでそうすると

28万円はギリギリ超えない

というか

基本給も減額になるようなので(定年以降、通例では)

心配いらないかもしれない

でも賞与が出るようなら これは12か月で割って

プラスされるようなので そうすると

微妙な感じです

定年時の契約内容にもよりますが

現在の給与と変わらないとすると(それはあり得ないのですが)

役職手当の分、残業代の分、賞与の分の合計の

半分がカットされる

感じでしょうか

正直、60歳で今と同じ働き方はむずかしいと思っています

残業はなるべく減らして

現在はほとんど取っていない有給をもう少し取りたいです

かなりがんばって今と同じように働いて、1万5千円ずつカットされるとしたら

悲しいですね

定時で働いて給与と年金をもらって

65歳まではフルタイムでがんばる

というのが理想なのですが

こればかりは、定年時の雇用契約(私の評価)によりますので

給与が高い人ほど

カット部分が多くなるので

悩ましいですね

こちらの本をポチッとしました

竹川美奈子さんの本です

もう50歳はだいぶ過ぎてしまったけど

情報収集は大切です

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください