何歳まで働く?年金制度が見直しになるようです

急に寒くなった関東地方

さむいっ

マフラーを買いに行かなくちゃ

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

在職老齢年金が見直しに

60歳~64歳までの人は 年金と給与の合計が28万円を超えると

もらえる年金が減額されてしまうのが現在の制度

これが「月62万円を超えると、減額される」に変わるらしい

この月28万円というのは

賞与の月割りや交通費も含まれる税込みなので

いろいろ差し引かれると 1か月の手取りはけっこう厳しい額になりそう

フルタイムで頑張って働いて

総額28万円もらって

減額されてしまうのは悲しいですよね

それで、働くのを控える人が多いのでしょう

カットされるくらいなら、少なく働こうってなるんですね

それが62万円までカットされないとなるなら

うれしいですよね

わたしは62万円なんて絶対超えないし(^^;)

そうなってくると

いつまで

どんなふうに働く?と言う問題

働ける限りがんばりたいけど

65歳過ぎて、今のように働く自信はない

労働時間もだし

仕事の内容的にもだし

それに今の職場、少し方向変換を考えているらしく

定年過ぎても雇用してもらえるか怪しくなってきました

どんなふうに働くか

自分で選ぶ余裕はないかもしれないです

会社が今のまま存続するならば

65歳近くまで、頑張りたいなと思ってはいますが

(継続雇用は希望すれば70歳まで可能)

私の希望としては

なるべく多く資金を用意して

1000万円以上は投資にまわしたい

年3パーセントくらいで運用して

その分くらいを毎年生活費の足しにして

私と夫の少ない年金にプラスして生活していく

元の資金はそのまま減らずに済むし(ここが大事)

夫婦のどちらか一人が残って

生活も不安になったら、資金を引き出して老人ホームに入居することも

できるかもしれない

そのためには

もっともっと貯金したいので

つまりは長く働く必要があるんですね

国も、長く働いて、自分で生活していってよ

と言っているわけです

職場の事情と、自分の健康が許せば

できるだけ長くがんばって働きたい

年金がカットされなければ

そう思う人は多いはず

年金法が改正されるのは

良いことだと思います

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください