給与公開 2020年1月

関東地方は冷たい雨

少し霙のようでもあったり

でも大雪にならず、ほっとしました

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

2020年、働き方改革で収入は減少傾向です

職場の体制が変わり

人数が増えたので

残業が減り、職務内容も少し変更になりました

個人的には

いつも追いかけられているような忙しさからは

脱却できて、ホッとしています

体力的に精神的にきつかったので

(若いころはそれでもなんとか、やっていましたが)

嬉しいのですが

この感じ

ゆとりのあるこの感じ

これ、あまりいい感じじゃないんですよね

暇でゆとりがあるということは

人件費がかかりすぎています

よくないですね

やがて、何かが変わっていくんですよね

こういう時って

もうすぐ定年のわたくし

とても危機感を感じるんですが

(この勤務形態がふつうなのかもしれませんけど)

もともとの原因は 働き方改革 なんです

有給休暇も取りやすくなりました

でも、なんとも複雑な気持ちです

で、

今月 1月の給与です

2020年1月の給与

基本給 206,000

残業手当 14,250

資格手当その他 32,000円

役職手当 30,000

通勤手当 16,870円

総支給額  299,120

健康保険 14,560

介護保険 2,560

厚生年金 29,280

雇用保険  897

所得税 5,990

住民税 9,400

控除合計 63,167

差し引き支給額  235,953

交通費を引くと

正確には手取りは22万円ありません

残業は8時間ほど

このくらいなら、とてもラクですね

これからは残業ゼロに向けて仕事の効率も

見直したいと思います

夫も仕事をさらに少なくしていくみたいなので

その減収をどうするか・・・

夫を 私の扶養に(所得税も健康保険も)入れられれば

住民税も安くなるはずだし

だいぶ違うかな?

夫の収入の額によっては

いよいよ本当に車を手放してもらうことになるかもしれません

実際、年金だけの生活になったら

手取り16万円弱でやっていかなくちゃなりませんからね

(年金受給額=夫6万円弱、私10万円弱)

それを夫に納得してもらうしかない

(私はへいきなんですけどね、ご飯食べられればいいので)

そこに少しでもプラスアルファできるように

現在、貯金と投資をがんばっております

この数年で、資産も増えてきたけど

まだまだ

がんばらなくては、と思います!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください