お金を貯める時、必要なもの

いや、なにがびっくりしたって

来週から全国の小中高生、全員学校お休みって

総理がテレビで言ってるてこと

えええ

あまりにびっくりして、声も出ませんでした

ももこです、こんばんは

スポンサーリンク

お金を貯めるためには、とにかく働く

稼ぐに追いつく貧乏なし

これが私の座右の銘

お金ないのに働かない人って

理解できません

世の中、生きてるだけでお金がかかります

ご飯はもちろん、トイレもお風呂も

寝てるだけだって、その場所ただではありません

だから、なにがしかの職につかねばなりません

生まれつき財産を持っている人は別ですが

私が思うに、継続して働き続けて

その収入より少ない金額で暮らせば

必ずお金は貯まるはずなんです

でも、いろいろな理由で辞めてしまう・・・これが

お金が貯まらない元凶

とくに女性は、辞めざるを得ないことが多い

出産・子育て・介護などなど

でもこんな時も、なんとかして働き続けることが

とてもとても大切なんです

女性は、辞めるたびに労働環境が悪くなる場合が多いです

まず、辞めないこと、これが大事です

継続していれば昇給もあり、有給休暇も増え、仕事のキャリアも積まれます

退職金も継続勤務してこそです

子どもが病気になったときなど

無理をお願いできるのも、日頃の仕事ぶりを知ってくれる人々だからこそ

例えばどうしても助けてもらえる人がいないときは

お金を払って、お願いできるサービスなどを利用しても

良いと思うんです

食事も、コンビニだっていい

健康を損なわないように

それだけ気を付ければ

ある時期

収支トントンで、残らなくてもいい

働き続けることがいちばん大切

辞めてしまって、しばらく落ち着いた時に

今と同等の仕事はなかなか見つからないと思うのです

「子どもといっしょにいられるのは

ほんとに短い間だから

仕事はあとでもできるから

食事の支度や家事も丁寧にしたいし

子どもとの時間を大切にしたい」

これを選択できる、経済的余裕が

これから先もずっと保証されるなら

選ぶのもいいかもしれませんが

(それでも私には自分の収入、が絶対に必要なんですけど)

わたしは

お金があれば

たいていのことはなんとかなると思っています

他のどんなことよりも

「お金の心配をしないで暮らす」

ことが大切だと思っています

たぶん、わたしが貧乏育ちのせいだからだと思います

お金がない、ご飯が食べられない、悲しさつらさを

よく知っているからだと思います

今回の一斉休校のように

いろいろ困ったことはおこると思いますが

どんな時も、働き続ける

(ある程度の資産ができれば、お金にも働いてもらい、

状況は変わっていくと思いますが)

決意が、必要だと思います

お金を貯めるために大切なのも、この決意だと

私は思います

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 私も子供の頃は家庭が貧乏だったのでお金の大切さを身にしみて感じます。
    世の中の仕組みがお金があれば大抵は解決できるようになっているので、ある程度の資産ができるまでは働き続けるのがベストだと思いますね。

    • ももこ より:

      クロスパールさん、こんにちは
      お金の大切さ、身に沁みますね
      もう少し早めに資産運用始めていたら
      私も早めに退職できたかなあと思いますが
      まだまだ頑張りたいと思います(^^♪

  2. リンダ より:

    おはようございます。
    いつも楽しくブログ読んでいます。
    ももこさんの堅実な考え方、とても参考になります。
    私も49才の時、今の仕事に就いて
    派遣から嘱託社員になりました。
    うーん、辞めたいと思うこともありますが、50才を過ぎた今、今の仕事辞めたら、今より良い条件の仕事は絶対ない!と自分に言い聞かせ
    あと6年は働き続けようと、思っています。
    ももこさんみたいな人生のちょっぴり先輩も頑張っていると思うと私も頑張れます。

    • ももこ より:

      リンダさん、こんにちは
      長年勤めていると、いろいろなことがありますよね

      私も、同じく
      今より条件の仕事はない、と言い聞かせて働いてます(笑)
      定年過ぎても、少しでも長く働き続けたいと思っています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください