休業補償ってどのくらいもらえる?みんな貰えるの?

いきなり連休に突入とか

昨日25日から、GWなんですか?

突然言われても休めないって

ももこです、こんにちは

スポンサーリンク

休業補償って、どのくらい貰えるのだろうか

木曜日の夜、突然に

次の土曜日から5月6日まで

連休してください

と都知事が言ってるのをテレビで観ました

そんな急に言われて、そんなに長く休めるサラリーマンが

どのくらいいると思ってるんでしょうか

まあ、私は都内勤務じゃないですけど

8割、出勤を減らすように

と言うだけなら簡単ですけど

その分の収入はどうなる?

休業補償、 今回のコロナウィルス関連の場合は

正しくは 雇用調整助成金と言います

厚生労働省のHPはこちら

令和2年4月1日から6月30日までを緊急対応期間とし

この間の休業等に対しての助成金が

事業主に支給されます

となっています

※期間等に関しては、日々、特例が拡大されるなどしていますので

最新の情報を確認してください

つまり、これは 雇用調整助成金といって

私たち一人一人が申請してもらうものではなく

事業主が申請して国からもらうものです

私たち雇用されてる側は

休んだ分に関しては 雇用主から支給され

雇用主(事業主)は、国から支給される

ただし、国は100%くれるわけじゃないので

私たちも、事業主から いくらもらえるかは

様々なわけです

休業補償と言うのは そもそも6割支給すればいいことに

なっているので、最低でも6割はもらえるはずだけど

大企業などは、10割支給されるのが普通みたいですね

(我が社は8割のようですが)

働いてないし、会社も売り上げ減っていたりするから

8割でも、もらえればいいほうだと思う

有給を使えれば、その分は10割ですが

そしてみんな貰うことができるのか?

雇用されてる全員が 貰えるのか?

という問題ですが

正社員じゃないパートや 短時間アルバイトの場合は?

当初は雇用保険加入者のみ対象、ということになっていたけれど

特例が拡大されて この要件はなくなり

雇用されている全員が対象ということになりました

雇用保険に加入していない人でも もらえそうで

よかった!

でも

これはあくまでも

事業主が、全員の分を国に申請できる

ということであって、実際に申請して、全員に支給してくれるかどうかは

事業主にかかっている

申請がとても面倒なので

個人事業主などで、お店がつぶれてしまった場合など

どうなるかはわかりませんね・・・

おまけに

対象労働者1人当たり8,330円という上限などもあり

申請してから、判定期間が約2か月あまり

実際に支給されるのは8月くらい?と、事業主にとっても

厳しいのが実状です

政府が国民全員に支給する10万円も

いつになるかは、まだわかっていません

このような状況で

家にいろ外に出るなと言われても

やはり仕事があるかぎり、外に出ないわけにはいきません

我が社も業務を縮小して

勤務を交代制にしようとしていますが

業務的に、それほど出勤を減らすわけにもいかないのが

現状です

この自粛がいつまで長引くかわからないので

企業としても厳しいですよね

1日も早くいつもの日常に戻るためには

人に会わず 感染を広げず

が何より大切なので

みんなで協力して がんばるしかないですね

助成金がみんなの手に渡りますように

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください