お金を貯めるには? 勤倹貯蓄のすすめ

世の中はボーナスシーズン到来

官公庁はとっくに支給されてるので

皆様も、もう手にされてるのかな

我が社はどうなるのかなあ

ももこです、こんにちは

スポンサーリンク

お金を貯めるには勤倹貯蓄がいちばん

お金を貯めるには

などと書きましたが

それは

勤倹貯蓄

これしかないのです

働いて、倹約して、貯める

これです

私の愛読書

私の財産告白 (実業之日本社文庫) [ 本多静六 ]

そして貯めたお金を殖やす

わたしがもう少し若い時に

これに気づいていれば

投資の機会ももっとあったと思うのですが

ちょっと遅かった

それでも

慎ましく

人の目を気にせずに暮らせば、わたしにでも

今くらいの貯蓄ができるというのは、事実なわけです

何か起きたとき

お金がありさえすれば

たいていのことは解決するし

お金が役に立ちます

誰かに迷惑をかけずに済みますし

なんとかなります

私は子供のころ

家庭に恵まれませんでしたので

その時々に

誰かに助けてもらって

大人になりました

なので

大人になってからは、自分のことは自分でなんとかしなければ

といつも思っていました

それでも若いころは知識も気持ちも足りなかったので

なかなかお金は貯まりませんでした

結婚も出産も育児も、頼れるのは夫だけだったので

お金がないなりに、2人でなんとか頑張りました

(仲がいいばかりではなく、それはやっぱりいろいろとありましたが)

見栄を張ったり、常識にとらわれて形を繕ったりせず

必要なことだけにお金を使うようにすれば

お金は貯まります

収入が少なくても、必ずお金は貯まります

しかし、増収を検討するのも大切ですよ

入ってくるお金を増やす努力も必要です

まとまった貯金ができれば、勝手に増えていってくれます

今を楽しんで、何かあったときには、人に迷惑をかけるのか

将来の安心ために、勤倹貯蓄するのか、決めるのは自分

でも、勤倹貯蓄しながらでも楽しい生活を送ることは

十分できますけどね

貯金が趣味で楽しくなったら

もうこっちのもの!

なんですけど・・・(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください