給与公開 2020年7月

朝からものすごい雨とカミナリで目が覚めました

が、今は一転 よく晴れて暑い

梅雨明けはいつかな

ももこです、こんにちは

スポンサーリンク

コロナ渦の給与ですが普通にもらえました

2020年6月の給与

基本給 206,500

資格手当その他 32,000円

役職手当 30,000

通勤手当 16,870円

総支給額  285,370

健康保険 14,560

介護保険 2,720

厚生年金 29,280

雇用保険  856

所得税 5,560

住民税 7,900

食事代 250

控除合計 61,126

差し引き支給額  224,244

残業代は出ないので

金額はあまりかわりませんね

でも残業自体があまりないので

問題ないです

私の場合

4月5月6月ともに

とくに自宅待機もなかったので

休業補償も関係なく

普通に給与は支給されました

ありがたいことです

夫の給与は

今月、これまでの休業補償込みということで

多めに振り込まれましたが

給与明細を見ても

計算の仕方が不明でした

有給休暇の分も入っているとか言われたそうですが

何日分なのかもよくわからず

外食産業によくあることみたいですが

店長やマネージャーも給与計算について

詳しく把握しておらず

本社に直接電話するのも

アルバイトの身では、憚られ(本人が言うには)

しかもアウトソーシングでやっているらしく

ますますどこへ電話すればよいかもわからない・・・

給与労務などの仕事をしているものとしては

なんとも、もやもやするのですが

(計算方法がわからないはずないだろう)

本人が、店の人や会社の人と嫌な感じになりたくない

と言うので

働く本人の気持ちが大切ということで

このままに

こういうの多いんだろうなー

うちの会社では考えられないことです

今回のコロナの休業補償についても

担当が全部署まわって説明しました

額は少なかったですが

賞与も頂きました

冬はどうなるか、まったくわからないので

そのまま貯金です

GOtoキャンペーンはやめといたほうが

よかったですね

感染に注意しながら 旅行してくださいって

よく意味がわかりません(;^_^A

また休業補償、とかいうことになりませんように

計算が大変すぎて、泣きそうでした(すべて手計算 15分単位まで)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください